すべての部屋がここちよい家 COCOTOCO

ここちよさを生み出すシステム&設計

床下蓄熱冷暖房システム

「床下蓄熱冷暖房システム」は、床暖房と全館型空調のメリットを融合した
日本の暮らしに適した新しい空調システムです。一年を通して、生活空間全体を快適にコントロール。
導入コストを抑え無理なく採用いただける、健康&省エネを両立したシステムです。

Point.1体にやさしい
床全面からの輻射暖房で、家全体を同じ温度で暖めます。高齢者の方が気になる急激な温度差から生じるヒートショックの心配も軽減されます。LDKから玄関、トイレ・洗面所などの水回りまでを快適にコントロール。身体にやさしい暖かさです。
図
Point.2環境にやさしい
実はエアコンの電源をこまめにオン/オフする間欠運転は余計に電気代がかかります。こことこの床下蓄熱冷暖房は、設定温度に到達してからは、一定温度を維持するだけの連続運転、意外ですが「ここち良い暮らし」の方が少ない電気代ですみます。
図※電力中央研究所
エアコンの間欠運転と連続運転の節電効果比較より引用
Point.3環境にやさしい
空気を利用して熱エネルギーを生み出すことのできる、ヒートポンプ方式を採用しました。電熱器やガス、石油ヒーター等の燃焼式暖房に比べて、CO2の排出量を大幅に軽減。地球環境の保全を意識した次世代型の暖房システムです。
図

床下蓄熱冷暖房システムのしくみ

床下空間を最大限活用し、床全体と室内を同時に冷暖房します。
基礎コンクリートを蓄熱層とすることでムダの無い熱利用を実現します。

図
ヒートショックの危険を軽減
図
1.冬場の寒い脱衣室も暖かく安心、また夏冬のトイレ内も快適 2.一般的な床暖房に見られる、床材の限定がありません 3.室内機のフィルターを月に1〜2回掃除機で掃除するだけのらくらくメンテナンス

窓の数と大きさを設計

断熱性能に優れた「こことこ」の大きな特徴は窓の設計です。
プライバシーを守りながら、明るさなど室内の快適性を維持し、しかも快適な風を通す窓。
機能、デザイン、防犯など、様々な視点から窓のあり方を追求しました。

Point.1一年のここちよさを設計
床下畜熱冷暖房システムとの相乗作用により、夏は暑さ、冬は寒さをシャットアウト。また春や秋には心地よい風を室内に取り入れるなど、一年を通じて、いつも同じ快適さを実現する窓設計です。
Point.2家族のプライバシーを設計
室内の快適さを重視した「こことこ」の窓は防犯やプライバシーを守るという面でも大きな役割を果たします。犯罪が多様化する今日、窓はもはや壁の一部。家族を守る家づくりに重要なポイントです。
Point.3家族の健康を設計
循環器病の発作など、健康面で、今、大きくクローズアップされる室内温度のギャップ。日常の快適室温を実現する「こことこ」は、お子さまからシニアの方々まで、健康に生活できる環境を実現します。
イメージ

住宅の断熱性能に大きな影響を与える窓。

家の中で熱が最も出入りする窓。夏は太陽の光などの熱を取り込むことで部屋が暑くなり、冬は室内の暖房の熱を放出することで部屋が寒くなります。そのため、外気温に影響されにくい最適な窓の構造と大きさを計算することが大切です。

図 ※H11年省エネルギー基準で建てた「住宅事業建築主の判断におけるエネルギー消費量計算方法の解説」の住宅モデルにおける例で、AE-Sim/Heatによる計算結果より。窓種:アルミ(複層ガラス)
窓の仕様| APW330採用
住宅の断熱性能は、
「窓」で決まります
これからの家づくりは、
冬を旨とすべし
複層ガラスに気体の断熱材とも言われるアルゴンガスを注入した仕様で、断熱性能をさらに向上不快な結露の発生も、大幅に低減。
イメージ
※ 熱の伝えやすさを表した値のことで、数字が小さいほど性能が良いことになります。(JISA4710:2004に準じた試験結果)
※ たてすべり出し窓+FIX連窓アングル付Low-E複層ガラス ガス入樹脂スペーサー仕様

セルローズファイバー断熱

UA値:0.50 C値:1.30

Feature.1音が響かない静かな暮らし
夜間の睡眠時以外にも、昼間に車や電車などの騒音を浴びていると、自律神経のバランスをくずし身体的な健康を損なうことが指摘されています。吸音性の高いセルローズファイバーが音をシャットダウンします。イメージ
Feature.2調湿効果で暮らしがすっきり
「セルローズファイバー」は、天然の木質繊維を原料としています。そのため吸放湿性に優れ、梅雨時のジメジメした空気を和らげ、乾燥時には湿気を放出します。伝統的な古民家の土塗り壁に似た特徴を備えています。イメージ
Feature.3温度ストレスのない健康な住まい
室内の温度差は心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす要因でもあり、循環器等に負担がかかります。「セルローズファイバー」による継ぎ目のない高断熱は、室内温度の変化を少なくし、温度ストレスを軽減します。イメージ
Feature.4防虫効果で、家の寿命に貢献
家の温度差で結露が発生し、カビや、ダニが発生。結露は住まいの建材を腐食する原因ともなります。家の健康面でも、断熱は重要なポイントです。長く健康に暮らすためにも断熱工法はしっかり確認することをお勧めします。イメージ
※外皮平均熱貫流率(UA値):建物内外温度差を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮(外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなど)面積の合計で除した値。
※隙間相当面積(C値):施工の結果、建物にどれだけの隙間があるかを表し、気密性能を示す指標。※実際に建てられた住宅(気密シート無し)での計測値です。

セルローズファイバーの6つの性能

1. 断熱性
隙間の無い吹き込み工法は、他の繊維系断熱材と比べ、さらに高断熱を発揮します。
2. 安全性
有害物質であるアスベスト、ホルマリンを使用しておらず、身体に害を与えません。
3. 難燃性
強い炎をあてても表面が焦げるだけで、万が一火災が発生しても避難するための延焼を遅らせ、有毒ガスも発生しません。
4. 調湿性
湿度を適度に保ちます。また結露を防ぐことで、家の寿命を延ばすことにも貢献します。
5. 防カビ・防虫
木質繊維をホウ素系薬品で特殊処理しており、防蟻・防カビに効果があります。
6. 吸音性
セルローズファイバーで作った箱の中で、100dbの防犯ブザーを鳴らすと、日常会話レベルの54dbまで吸音効果を発揮しました。