お電話によるお問い合せ
お問い合わせ
「MIRAIE (ミライエ)」は住む人の安全と大切な住まいを守るため、地震の揺れを最大で70%低減する木造住宅用制震ダンバーです。

住友ゴム工業独自の高減衰ゴムテクノロジーで新開発した高減衰ゴムを採用、振動エネルギーを熱エネルギーに変換することで地震の揺れを効率良く吸収します。

これにより突然の地震や、その後も繰り返し発生する余震の揺れを効果的に吸収し続ける事で家の損傷を軽減します。
1.揺れを最大70%吸収。
優れたエネルギー吸収性能を持つ高減衰ゴムは、JMA神戸NS波(阪神・淡路大震災源)を用いた実大振動台実験において、制震ダンバーを装着していない場合に比べ、最大70%の揺れ幅を低減しました。

振動台実験の結果によるものであり、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。
2.繰り返す地震に効果を発揮。
本震だけでなく、何度も発生する大きな余震から住まいを守りつづけます。耐震と併せて建物へのダメージを軽減するので、補修なども最小限に留められるメリットがあります。
3.高い制震性能が長時間つづく。
制震ダンバーの核となる高減衰ゴムは、90年(※)を経過してもその性能がほとんど変わらないことが実験で確認されています。制震だんばーは風雨にさらされることのない建物内部の設置環境下ですから、ご家族が住み継ぐに相応しい永い年月において安心できる耐久性を有しています。またメテナンスの必要もありません。

促進劣化試験の結果による。

資料ボタン

なぜ今、制震が注目されているのか!

制震は繰り返しの「余震」にも強い。 これからの地震対策は「耐震」から「耐震+制震」へ

建築基準法にも定められている、近年の新築住宅なら標準的に保持している性能です。建物の強度を上げる地震対策ですが、建物が地震エネルギーを全て受け止めて耐えようとするため、構造躯体へのダメージが大きく、余震や別の地震の際に本来の性能を発揮できない可能性があります。
地震エネルギーを吸収するシステムです。建物の揺れが抑えられるため、構造躯体へのダメージが軽減されます。また、別の地震対策の1つである免震システムと比較し、低コストで導入できる事も魅力です。
※地面と建物の間に設置し、揺れを極力伝えないシステム。


「制震システム」は、住宅に発生する「破壊」を制御する仕組み。 その仕組みにおいて有望な素材こそ「硬すぎるくらい硬いゴム」なのです。

「制震技術」というのは、この「ダメ―ジが発生する部分」をコントロールしようというものです。住宅のどの部分で起きるか分からない破壊を「制震システム」へと意図的に集中させるのです。

エネルギー吸収性に優れ、かつ、復元性の高い素材。エネルギーを吸収することで一度は「壊れた状態」になるが、高い復元性によって「壊れる前に近い状態」に戻る素材が求められるのです。

その意味で、作用部位に使用されている材質は「非常に硬い特殊なゴム」というのが、制震システムとして最適素材であると言えるでしょう。

木造建築の地震対策として制震システムは非常に優秀です。 繰り返し襲ってくる「余震」にも強いといえます。

実物大の住宅に対して擬似的に地震衝撃を与える「実大震動台実験」では、建築基準法で想定している大地震波(BSL波)や半身淡路大震災と同じ地震波(JMA神戸NS波)の揺れを大幅に低減し、繰り返しの地震衝撃に対しても強い事が証明されています。

つまり、数回の地震を受けても高い性能を発揮し、繰り返し襲ってくる「余震」にも強いと考えられます。これからの地震に強い家づくりでは「制震システム」の必要性が高まり、新築の検討材料としては非常に良い技術と言えるでしょう。

この度は、当社ホームページへ訪問していただきまして誠にありがとう ございます。

資料請求は”無料”でございます。また、資料請求をしたからといって、 しつこい営業をすることは一切ございませんのでご安心ください。

「MIRAIE」をご理解し、ご納得された上でご判断いただけますと幸い でございます。
必要項目を入力の上、「内容を確認」ボタンを押してください。
※必須 は、資料をお送りする際に必要となりますので必ずご入力ください。
お名前 必須
ふりがな
電話番号
メールアドレス 必須
メールアドレス(確認用)
必須
ご住所 ※資料をご請求の方は、ご記入下さい。
郵便番号   - 
都道府県 
市町村/番地 
建物名 
ご希望サービス
(複数選択可)
資料を送って欲しい  展示場に行きたい 
物件の詳細が知りたい  お店に行きたい 
その他
お問い合せ内容

 
最新のイベントやキャンペーン情報が知りたい
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ