NET-ZORO ENERGY LIFE 零

CONCEPT 家づくりは、光熱費もいっしょにゼロから考えよう。CONCEPT 家づくりは、光熱費もいっしょにゼロから考えよう。

私たちが毎日生活を営む中で消費しているくらしのエネルギーの在り方が変わろうとしています。
キーワードは「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。
家の性能を高め、省エネ設備を導入。さらにエネルギーを創る家。
光熱費ゼロ「零」がこれからのくらしのスタンダード。
家をつくる際のイニシャルコストがかかったとしても、その後のランニングコストを考えると、
高性能な家づくりをしておくことが、長く快適に暮らすことにつながります。

地球温暖化対策の国際会議「COP21」において、パリ協定が採択

COPとは、温室効果ガス排出削減などの地球温暖化対策の国際的な枠組みを決める会議で、先進国はもちろん、発展途上国も多く参加しています。その21回目の会議、「COP21」が2015年フランスのパリで開催されました。

PARIS2015
パリ協定の主なポイント
世界的な平均気温の上昇を、産業革命以前に比べて2.0℃未満に保ち、1.5℃未満に抑える努力をする。この目的達成に向け、今世紀後半には人為的な温室効果ガス等の排出量を実質ゼロにすることを目指す。
矢印
世界は、「省エネ」や「低炭素化」のレベルを超えて、「ネット・ゼロ・エネルギー」「ゼロ炭素」社会を目指す!!

この環境は、未来の子どもたちからの預かり物

地球のエネルギー資源は、約100年後に枯渇すると言われています。増え続けるエネルギー消費に対し、貴重な資源の有効活用が求められています。

出所:石油、石炭、天然ガスは、BP統計2012/ウランはOECD.IAEA.Uranium2011
出典:エネルギー白書H26(経済産業省)より作成

世界のエネルギー資源可採年数

グラフ

日本のエネルギー消費と光熱費の増加

家庭でのエネルギー消費量は
年々増加しています

日本のエネルギー消費は、2004年をピークに下がりつつあります。それでも40年前に比べ、運輸部門では1.8倍、家庭部門では2.0倍、企業・事業所他部門では1.1倍となっており、家庭部門のエネルギー消費量の増加が最も多くなっています。家庭部門の省エネが、今後の日本のエネルギー消費量削減のポイントとなっています。

家庭のエネルギー消費量は40年前の2倍

最終エネルギー消費量の推移

グラフ

家庭でのエネルギー消費量を減らすことが大切

家庭で消費するエネルギーの約半分は、
冷暖房・給湯がしめる

家庭のエネルギー消費量のうち、冷暖房と給湯による消費量が約半分を占めています。家庭での消費エネルギーを減らすためには、それらの消費量を減らす必要があります。

※構成比は端数処理(四捨五入)の関係で合計が100%とならないことがある。
出典:日本エネルギー経済研究所「エネルギー・経済統計要覧」、資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」 総務省「住民基本台帳」を基に作成

世帯あたりの用途別エネルギー消費

グラフ

家づくりによって削減可能

これからの家[ZEH]の条件

ZEHの普及に向け、国によるロードマップ
づくり、法整備が進められています

地球規模でのエネルギー問題に直面した現在、世界的にZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現は避けて通れないテーマです。日本でもZEHの建設促進に向け、国によるロードマップの策定や法整備が進められており、2030年には新たに建てられる全ての住宅の過半数がZEHになることを目指しています。

ZEHは、4つの条件を満たすことが必要

エネルギー収支がゼロになれば、すべてがZEHという訳ではありません。国によって基準が定められ、下記4つの要件をすべて満たした家だけがZEHということができます。

グラフ

※平成27年ZEHロードマップ検討委員会中間とりまとめ(案)資料より

強化外皮基準 (例:6地域/東京 UA値≦0.6[W/㎡K])再生可能エネルギー導入 (例:太陽光発電)基準一次エネルギー消費量を20%以上削減 (例:H25基準より20%)1〜3により、基準一次エネルギー消費量から100%削減

エネルギーコスト、いつまで払い続けますか?

エネルギー収支ゼロになる家は、エネルギー効率の高い設計、さらに自然の力を取り入れることで暮らしのエネルギーのムダを省きます。 また太陽光発電などでエネルギーをつくり出し、毎日の生活の中で無理せず、快適で、エコな暮らしを実現します。

イメージイメージ

一次エネルギーとは
電気やガソリンなど使いやすく加工されたエネルギーを二次エネルギーといい、 これに対して、自然界にあるままの石油や天然ガスなどの化石燃料や水力、 太陽光などを一次エネルギーといいます。

イメージ